ブラジャーの臭いニオイを取る方法

洗濯機

  • 洗濯のときの水温を上げる
  • 消臭スプレーを使う

ブラジャーが生乾きにニオイがしたり、生ごみのようなニオイがするときは、まずは洗濯のときにぬるま湯で洗濯してみてください。

水温をあげると繊維が緩みます。

すると、細菌の繁殖を防ぐことができ、洗浄力もアップするので、ニオイが取れることがあります。

わざわざ「ぬるま湯を用意するのが面倒だな」という方や水温を上げても臭さが取れないときは消臭スプレーをするとスッキリと臭さが取れます。

嫌なニオイがスッキリ取れる消臭スプレー

洗っても洗っても取れないブラジャーの臭いニオイを消すにはヌーラという消臭スプレーがおすすめです。

楽に使えるところが良いですよ。
無香料で水のようになっていますから洗濯後にシュッと一吹きするだけです。

ヌーラの詳細はこちら

ヌーラは消臭力が97.4%でほとんんどのニオイを消すことが出来ます。

アンモニアのニオイも消すほどの威力を発揮します。

型崩れが心配で手洗いをしている女性にもおすすめのスプレー。

乾いたあとはサラサラしていますし、身体と触れても問題ないためブラにも安心して使えますよ。

臭いニオイの予防が出来るヌーラ

ヌーラ

ヌーラは予防という意味でも効果があります。

加齢臭97.4%消臭!アンモニア99.5%消臭!

尿・汗、生理臭など様々なニオイに効果が実証されている消臭スプレーです。

消臭力97.4%のわけ
ヌーラに含まれる消臭成分がニオイと混ざるとイオン化結合し、瞬間的に臭わない分子構造に変化します。

財団法人 日本紡績検査協会調べで、身体から出るニオイの物質を100%近い消臭効果を実現しています。

初回購入限定で消臭効果の実験セット付ですので是非試してみてください

ニオイの発生源を抑える
ブラのニオイで悩んでいる方でも「私って臭いの?」と思うかもしれません。

しかし、ニオイの原因は汗を吸い取ったブラや下着から発生します。

汗を吸い取ったブラが雑菌を繁殖させてニオイが発生します

簡単にいうと

  1. 汗をかく
  2. ブラが汗を吸収
  3. 雑菌が繁殖
  4. ブラからニオイが発生

そのためブラにニオイが付着しなければ臭さに悩まなくていいことになります。

ヌーラは体ではなくブラに直接シュッとスプレーすることで嫌なニオイを防ぎます。

無香料で水のようにサラサラですからブラにも安心して使えますよ。

消臭スプレー「ヌーラ」の使い方

肌に直接触れるブラジャーなら着る前日にヌーラをスプレーする。

注意点はブラのように直接肌に触れるものは前日までにスプレーしておくことぐらいです。

下着など汗を沢山吸う衣類でもしっとりする位スプレーすればほぼ一日はニオイを消臭します。

おすすめの使い方は洗濯した後にスプレーして乾かす方法。

ヌーラはニオイと出会わない限り効果が持続するので洗濯後でもOKです。

ヌーラの詳細はこちら

サブコンテンツ

臭いブラジャーのニオイの原因とは?

洗ってもニオイがとれない臭いブラジャーの原因は、皮脂が酸化するためです。胸の谷間には皮脂腺が多く、脇と同じように嫌な臭いニオイの発生源があります。

皮脂腺が多いと細菌が多いため、ニオイは臭くて、洗ってもニオイが取れにくいんです。ブラジャーにニオイがつく原因は、谷間の汗をブラジャーが吸い取るためです。

新品なら洗えば臭いニオイも取れますが、長年使い続けているとニオイそのものが取れなくなります。こういったブラの場合、単に洗うのではなく塩素系漂白剤につけて洗うとニオイが取れる事があります。

でも、やり過ぎるとブラジャーの生地は痛むため有効な方法というわけではありません。また一時的にはニオイが取れますが、繰り返し使っているとニオイが再発してしまいます。

香りのある柔軟剤を大量に使う方もいますが、柔軟剤は通常の使用量にしておきましょう。

柔軟剤を標準使用量の2倍ぐらいいれる人もいるみたいですが、香りで誤魔化すと余計に臭くなります。

自分は良い匂いと思っているかもしれませんが、他人からすれば柔軟剤の匂いも臭いです。

柔軟剤の香りが強くて頭痛がする、吐き気がするという相談が急増しているそうです。

このページの先頭へ