暑くないのに汗がでるのはなぜ?

水

暑くないのに汗がでるのは理由があります。

  • 現代冷え性
  • 気にしすぎ
  • 運動不足
  • 病気の可能性
  • 新陳代謝が高い
  • 多汗症

など自分では暑くないのに汗が止まらない場合はこれらの理由で汗をかいている可能性があります。

現代冷え性

本来、人間に備わっている体温調整の機能が冷暖房等の利用により正常に機能しない状態になっているかもしれません。

夏に冷房の効き過ぎた部屋で過ごしすぎていたり、冬に暖房の効いた部屋にいすぎると現代冷え性になることがあります。

現代冷え性になると冷え性になった結果が”汗”という症状として表れます。

夜更かし、食生活、ダイエット、喫煙など原因は様々であるといわれています。

覚えがある方はまずは生活習慣を見直してみましょう。クーラーの利用を控える、早寝早起き、適度な運動、食事はコンビニ弁当など添加物をさけて野菜中心の生活に切り替えてみましょう。

病気の可能性

もしも汗以外に息切れ・動悸(どうき)も併発しているなら甲状腺機能障害の可能性があります。

甲状腺疾患は見逃しやすいため以前はそうでもなかったのに、最近症状を感じるようになったら病院へ行きましょう。

更年期障害と間違えやすい症状で、イライラ、集中力低下、食欲不振、便秘など様々な症状が表れます。

運動不足

日頃から汗をかかないと”悪い汗”をかくようになります。

運動不足の特徴として下半身には汗をあまりかかないのに顔や脇など上半身に汗をかきやすくなります。

運動不足の方の汗はベタベタしており、臭いが強いです。普段から汗をかくことで改善可能ですので、ウォーキングや半身浴など意識して汗をかく習慣をつけましょう。

気にしすぎによる汗

汗を気にするあまり汗をよけいにかくことがあります。

周りの目を気にする方に多い症状で「周りの人にどう思われているか?」を気にする人が多いと思います。

これは緊張による汗と一緒です。就職の面接であったり、朝礼やプレゼンの発表するなど不安があるときにでる汗です。

運動をしたときの汗と異なり臭いがある事が多いです。また、手や脇に汗を書きやすくなるという特徴もあります。

制汗剤などを利用して「汗をかいても大丈夫」と思えたらでなくなります。

このページの先頭へ