オドレミンとは?

オドレミンは塩化アルミニウムが主成分の制汗剤です。

制汗やニオイに効くと言われている成分が塩化アルミニウムとミョウバンで多くの制汗剤に利用されています。この2つの成分を比較すると塩化アルミニウムの制汗剤の方が効果は強いといえるでしょう。

オドレミンは塩化アルミニウムをつかって汗腺を防ぎ汗を抑えるという働きをします。物理的に汗腺を防ぐため肌への刺激は強く使い方には注意が必要になります。

実際に効果があるかどうかはその人の汗の量にもよりますが、”効果抜群!”と感じる人も少なくない制汗剤です。

指につけて塗るタイプのため指から液だれするので、一般的な制汗剤と比べるとどうしても使いにくいです。1~2滴でも十分に効果が期待できるため初めて使う方はまずは1滴で試してみましょう。

メーカー
日邦薬品工業株式会社
商品名
オドレミン(医薬部外品)
効能・効果
わきが(腋臭)、皮膚汗臭、制汗
成分
塩化アルミニウム、グリセリン、水
価格
1,080円/25ml

※価格はメーカー希望小売価格です。インターネットでも購入可能です。

オドレミンの使い方

よくあるロールオンやスプレータイプではないため少し使いにくいです。

  1. お風呂にはいって体を綺麗にする
  2. タオルで体を拭いて汗がひくまでまつ
  3. 汗が気になるところに指先で塗布(とふ)
  4. 乾くまで待つ

という流れで使います。メーカーサイトにもあるとおり顔や粘膜への使用はNGとされています。

顔汗などには使えませんので、念のためご注意を。また、除毛直後や荒れたお肌、カブレやすい方の使用は避けてくださいとメーカーサイトにも明記されているので使用するときにはお肌の状態を見極めて使いましょう。

オドレミンは脱毛後の使用はNG!

オドレミンは製品の特性上、刺激が強いため脱毛後に使うと、

  • しみる
  • ヒリヒリする
  • 痒くなる
  • かぶれる
  • 発疹(ほっしん)

という人が少なくありません。

ムダ毛処理をした数日間は使用しない方が良いといえます。また、毎日使い続けることも肌への負担が大きくなるため控えた方が良いと思います。

多くても週2回程度。
使用し続けている人の中には使用する数日前から塗る場所に傷薬を塗って準備をしている人もいるほどです。

医学的に証明はされていないようでうすが、原材料のアルミニウムが体内に蓄積する(使用し続ける)とアルツハイマーになる可能性が高まるという説もあるそうですので、使用は控えめにしておくと良いと思います。

このページの先頭へ