脇汗を抑える最強の組み合わせ

脇汗を抑える最強の組み合わせが「デトランスα」と「ヌーラ」です。

ただこの方法は肌の弱い敏感肌の方には向きません。痒みがでたり、ピリッとした痛みを感じる可能性があるからです。

そのため敏感肌向け肌が強い人向けに別々に脇汗を抑える方法を紹介します。

敏感肌の脇汗を抑える方法

過去に化粧品などを使ってかぶれたり、赤くなった経験があるなら脇にも極力刺激が少ないのを選ぶのがおすすめです。

具体的には「クリアネオ」と「汗取りインナー+ヌーラ」の併用が最強です。

クリアネオは制汗効果はあるものの脇汗をかきやすい人は完全に抑えることが出来ません。

ただ臭いに対しては効果が期待できるため汗取りインナーで防ぎつつヌーラで完璧に抑えると良いですよ。

脇汗を抑えるグッズ

クリアネオ、汗取りインナー、ヌーラ

使い方の手順

  1. お風呂に入って体を洗う
  2. お風呂からあがって一息ついたらクリアネオを脇に塗る
  3. 翌日着る汗取りインナーにヌーラを吹きかける
  4. 翌日の出かける前に脇にクリアネオを塗る

コスト

商品名 金額 備考
クリアネオ 4980円 約1ヶ月
インナー 500円 1着
ヌーラ 3078円 200ml×2本

合計コスト:8558円(1ヶ月/1日285円)

※表の商品名をクリックすると商品の詳細ページへ移動します

肌が強い人の脇汗を押させる方法

肌が強いひとにはデトランスαの利用がおすすめ!

別名パースピレックスといわれておりクリニックでも使われていることもあり効果は抜群です。

ただ前述の通り「ちょっとピリッとする」や「少し痛いです」と思う人もいます。

そのため今までに化粧品などを使ってかぶれたことがない人でもパッチテストを行ってから使いましょう。

痒くなってかきむしった結果、黒ずみになったとなったら最悪ですから。

脇汗を抑えるグッズ

デトランスα、ヌーラ

使い方の手順

  1. お風呂に入って体を洗う
  2. お風呂からあがって一息ついたらデトランスαを脇に塗る
  3. 翌日着るインナーにヌーラを吹きかける
  4. 翌日は何もすることはありません

コスト

商品名 金額 備考
デトランスα 2900円 約1ヶ月
ヌーラ 3078円 200ml×2本

合計コスト:5978円(1ヶ月/1日199円)

※表の商品名をクリックすると商品の詳細ページへ移動します

臭いは無視!脇汗だけを抑えたい!

臭いは大丈夫だから脇汗だけを抑えることができれば良いという方はヌーラが不要です。

ヌーラは洋服につく臭いを抑えるもの。そのため臭いは特に気にしていないという方は上記からヌーラの代金を引いて計算をしてみてください。

汗取りインナーはユニクロやニッセンなどで安く購入できます。脇汗パットよりもインナーで汗取りがついている一体型の方がいいですよ。

汗取りパットは外れたり着用すると違和感を感じます。

このページの先頭へ