ブーツが臭くなる原因

ブーツ

冬には定番のブーツ。
履き続けていると、ニオイが気になりますよね?

1日中、ブーツを履いているときには座敷は避けたいという方も少なくありません。

足の裏は脇と同じように汗腺が多い部位

それに加えて、ブーツはムレやすく、嫌な臭いが発生する環境が整っている場所です。

ブーツの中は湿気が溜まりやすく臭いニオイにとっては非常に良い環境。

嫌な匂いの発生源は、湿気、温度、雑菌の3つになります。

ブーツの中は最悪な3つの条件が揃っているため細菌が増殖してしまい、結果的に異臭を放つようになります。

それでもファッションには欠かせないブーツですから、ここでは臭いブーツのニオイを消す3つの方法を紹介します。

ブーツの臭い匂いを抑える3つの対策

ブーツの中というのは必然的に臭いが発生する場所です。

しっかりと対策をすることで臭いを防ぐことは可能です。

消臭・殺菌スプレー

スプレーをするだけで菌の増殖を抑え、臭いを防いでくれます。

消臭・殺菌スプレーで大切なことは、香りのあるスプレーを選ばないことです。

簡単にいえば匂いでごまかすようなスプレーを使わないということです。

しっかりと殺菌効果の高いスプレーは、それだけでも十分に効果を発揮します。

吸水性に優れたソックス、中敷きを使う

ストッキングだけでブーツを履くと大抵の方は凄い臭いになっちゃいます。

消臭効果のある中敷をひき、汗をかいたと思ったら乾かして再利用しましょう。

臭い場合は洗ってから乾燥させて使うようにすると経済的!

中敷きでも100円均一の中敷きと靴専門店の中敷きでは効果は大きく違います。

中敷きだけでなく、汗を吸ってくれるような靴下をはくと更に効果抜群です。

連続して同じブーツを履かない

何日も連続して同じブーツを履くと汗が乾燥せずに臭いがどんどん増殖してしまいます。

何日も連続して履くなら帰宅後に乾燥剤を入れたり、空気の流れの良い場所に干すようにしましょう。

臭いの元は湿度が大好きなので、しっかりと乾かすことで菌の増殖を抑えます。

結果的に嫌な匂いを発生させないことに繋がります。

臭くて嫌なニオイを消臭するスプレー

消臭スプレー

衣類からでる嫌なニオイを消臭するスプレーです。

ヌーラの消臭試験結果

  • 加齢臭(ノネナール)97.4%
  • 汗・脇・足(イソ吉草酸)97.9%
  • 汗・脇・加齢臭(酢酸)97.7%
  • 尿・汗・脇(アンモニア)99.5%

ヌーラの詳細はこちら

このページの先頭へ