肉が体臭の原因になる理由

焼肉

お肉の食べ過ぎは体臭の原因になるのは何となく聞いたことがありますよね?

お肉が体臭のきつさに直接的な影響があるかというと…”食べ過ぎ”は体臭がきつくなる可能性があります。

お肉を食べて一番影響するのが「汗をかく量」です。

お肉はタンパク質が豊富。
そのため消化するときに体温があがりやすく、汗をかきやすくなります。

また食べ過ぎると消化に時間がかかることから、消化がしきれずに汗以外にも口や便にも影響を与えます。

一番注意したい人が肝臓機能が低下している人。
タンパク質は体内に吸収されるとアミノ酸に分解されるのですが、アミノ酸に分解されるとアンモニアが発生します。

通常は尿として排出されますが、肝機能が低下していると汗や呼吸の中に分泌されることがあります。

ちなみに人間が1日に必要なタンパク質は体重1kgあたり600~800mgです。

肉というよりタンパク質が体臭に影響するといえますね。

食物繊維を積極的に摂取!

肉の食べ過ぎをのぞいては、それほど神経質にならずに生活していても問題ないと言えます。

とはいえ「食べ過ぎ」の基準を考えるとよく分かりません。

そこでおすすめなのが食物繊維です。

食物繊維は便秘解消に良いと言われています。

  1. 便として排出できない分が体臭になる
  2. 食物繊維を積極的に摂取する
  3. 便として不要なタンパク質をを排出する

という流れです。

食物繊維は、こんにゃく・わかめ・ひじき・もずく・ごぼう・豆類・きのこに含まれています。

最近はシリアルの食品に食物繊維が含まれているものもありますよ。

朝食に摂取しやすいので手軽ですしおすすめです。

肉を食べないのに体臭が臭う

お肉をそれほど食べていないのに体臭がきついという方は「汗」に原因はないと考えられます。

実はほとんどの人は汗自体にはニオイはほとんどありません。

汗をかいてから時間がたつと臭くなりませんか?

それは汗が衣類についてニオイが発生しているからで汗にはニオイはありません。

そのため汗をかいたら直ぐにふいたり、衣類にニオイの発生をおさえるスプレーをしておくことで防げます。

消臭にも色々な方法がありますが、おすすめは臭いの原因をやっつける方法です。

ヌーラという消臭スプレーは「臭いニオイ」を化学的にイオン結合させて無臭にしてくれます。

何がいいって事前にスプレーをしておけば体臭の発生をおさえてくれるというのが楽でおすすめですよ。

ヌーラの詳細はこちら

このページの先頭へ