汗止め帯を使わない方が良い理由

舞妓

汗を止める方法として汗の帯留めがあります。

汗止め帯は今すぐの効果が期待できます。

汗止め帯は「ツボを刺激すること」と「引き締め」によって汗を抑制する効果を発揮します。

ただし、人によってあう合わないがあります。

  • きつくて痛みを感じる
  • 痕が残るだけで効果がない
  • 帯の部分がかぶれてしまった
  • ほとんど変わらない

という意見が多くあります。

汗止め帯は胸から脇にかけて紐のようなものを巻きます。

そのため人によって体型も違うためツボにしっかりあたっているかどうかも影響しているため、中にはしっかりと使えていないという人もいると思います。

ただ刺激に弱い敏感肌の方や違和感を感じる人には向いていません。

誰にでも効果がないというわけでなく、人によっては顔の汗が減ったという方もいます。

尚、汗止め帯は胸から上の汗を止める効果が期待できると言われています。

夏には向かない汗止め帯

汗止め帯は夏には特に向きません。
薄着だと洋服の上からでも分かる場合もあります。

逆に短時間の使用や厚着をする仕事だと向いています。

短時間であれば違和感を感じる人でも我慢できます。

その他に仕事柄厚着が必要な舞妓さんには利用する人が多いそうです。

着ぐるみを着る方、暑い作業場で働く調理師の方、舞台で仕事をする方には良いかもしれません。

男性向け脇汗対策グッズ

女性向け脇汗対策グッズ

このページの先頭へ