薬局の制汗剤

薬局

薬局で売っている制汗剤を使っても汗がとまならない。

そんな人は汗の量が多いため、全て流れてしまっている可能性があります。

特にスプレータイプの制汗剤は流れやすいです。

そのため汗の量が多い人が薬局でよくみかけるスプレータイプで対処しても、汗を抑えたり、ニオイを抑えたりする成分が流れてしまっている状態になります。

汗の量を判断する方法として、脇に汗じみが出来るなら汗の量が多いといえます。

汗の量が少ないのに、臭いニオイがする場合は「ワキガ」の疑いがあります。

ワキガの判定としては「耳垢」が判断基準によく使われます。

耳垢が湿っているならワキガの可能性が高くなりますので、一度病院での診察をおすすめします。

直にぬれる制汗剤

汗の量が多い人はスプレータイプではなく、クリームやロールオンタイプの塗る制汗剤を利用しましょう。

薬局でも肌に直接ぬれる制汗剤もあります。

薬局ならデオナチュレのソフトストーンWが人気があります。

更にいえば水にも強いタイプの制汗剤がおすすめです。

当サイトでも人気のデトランスやノアンデは汗の量が多くても流れにくいため朝塗って夜まで持続する制汗剤です。

最近の制汗剤はニオイと汗の両方を抑えるための成分が含まれているものが多数あります。

肌の弱さや体質にあわせて制汗剤は選ぶようにしましょう。

男性向け脇汗対策グッズ

女性向け脇汗対策グッズ

このページの先頭へ