洋服が汗で黄ばむ原因

黄ばみ

汗が原因で大切な洋服や下着類が黄ばんでしまったとお悩みの方も多いですよね。

一度ついてしまった黄ばみは洗ってもとれない場合も多く事前に予防したいところです。

ここでは「黄ばみ」の原因について解説したいと思います。

黄ばみの原因を知ることで、お気に入りの洋服に黄ばみがつかないように予防しましょう!

洋服や下着が黄ばむ3つの原因

洋服や下着が黄ばむ主な原因は3つあります。

それぞれの原因を知ることで対策をしましょう。

脇のアポクリン腺からの分泌物

汗は皮膚にある汗腺という場所から分泌されています。

汗腺には2種類があり、

  • エクリン腺(体温の調整)
  • アポクリン腺(腋窩や陰部にあり、体臭腺としても機能)

があります。

汗じみで出来る黄ばみの原因がアポクリン腺からの分泌物といわれています。

このアポクリン腺からはタンパク質、糖質、ステロイド、脂質など様々な成分が分泌され、ワキガの臭くて嫌なニオイ(ワキガ臭)となります。

この中には「リポフスチン」という色素が含まれており、ワキガ臭が強くなるとリポフスチンが多く分泌され衣類につき「黄ばみ」となります。

衣類に染み込んだ皮脂

衣類に染み込んだ皮脂が酸化することによって黄ばみの原因となる可能性もあります。

皮脂は普通に洗濯機で洗っても、取りきれずに残っていることが多いです。

時間の経過とともに、衣類に染み込んだ皮脂が酸化。

そうすると変色をするため洋服や下着が黄ばんでしまいます。

皮脂汚れを落とすためには、洋服を着た当日に洗うのが最も効果があります。

毎日、選択ができない場合でも、黄ばんでしまう脇部分だけでも手洗いすると良いですよ。

制汗剤やデオドラント剤の使用

薬局やコンビニでも買える制汗剤やデオドラント剤。

実はデオドラント剤や制汗剤が汗じみの原因となっている可能性もあります。

制汗剤やデオドラント剤には様々な成分が使われていて、特に着色料入の制汗剤には要注意!

これらの成分が洋服に付着することで、洋服が黄ばんだということもありえます。

着色料入りの制汗剤を使っているなら、まずは制汗剤に着色料が使われているか確認しましょう。

特にドラッグストアなどで販売されているスプレータイプの制汗剤は注意しましょう。

黄ばみを予防するための方法

洋服についたガンコな黄ばみは洗濯をしてもなかなか落とせません。

洗濯機では落とせないので手洗いをすることで、黄ばみが取れることもあるので是非一度試してみてください。

洋服についた黄ばみを落とす洗濯方法

黄ばみ予防に出来ること

皮脂によって黄ばんでしまう場合、根本から解決をしましょう。

脇汗を洋服につかないようにするための方法は、脇汗対策のグッズを上手く活用することで防ぐことができます。

大切な洋服や高かった洋服を汗の黄ばみでダメにしてしまうのは勿体無いですし、経済的にもよくないですよね。

いくら黄ばみを落とす洗濯方法があっても、通常の洗い方と異なるので洋服を傷めます。

大切なことは衣類の黄ばみを取ることではなく、汗じみをつけないことですよ。

スッキリサラサラ7Daysプログラムの詳細はこちら

このページの先頭へ