脇のボトックス注射

注射

制汗の方法として「ボトックス注射」があります。

注射に使う薬の成分にボツリヌス菌から抽出した天然のたんぱく質、ボツリヌス毒素を利用し筋肉の動きを抑制する働きがあります。

そのため表情筋を使うことによってできるしわに効果的とされ、美容の分野でも広く認知されています。

ボトックス注射は汗の分泌を司る神経を抑える働きをするので制汗効果もあります。

しかし、ボトックス注射にはさまざまな失敗例やデメリットがあるのも事実です。

もしボトックス注射を考えているならリスクについても知っておく必要があります。

またボトックス注射の効果は一時的です。平均的には3~6ヶ月間は効果が持続すると言われています。

リスクを知った上で、クリニックや病院を選択することが重要です。

ボトックス注射の副作用

副作用として腕の倦怠感やしびれ、不快感が生じてしまったという事例もあります。

安くはない値段で失敗されてしまったら日常生活にも支障をきたすことになります。

ボトックス注射の失敗例としては様々なものがありますが、ここでは代表的な失敗について紹介します。

ボトックス注射の失敗例

  • 締め付けられるような違和感を覚える
  • 異常なまでに腫れる
  • 痙攣をしてしまう

など医者の技量やスキルによって失敗をすることがあります。

注入場所、注入量を少しでも間違えると失敗をする可能性が高くなります。

病院・クリニック選びのコツ

カウンセリングを頻繁に受けるなどして、医院選びは慎重に行わないといけません。

このようなデメリットを参考に、失敗を防いで頂けたらと思います。

もしもボトックス注射をするなら必ず失敗したときの保証がある病院やクリニックを選びましょう。

カウンセリングのときに必ず聞いておきたい質問でもあります。

また、安さを売りにしているクリニックにも注意が必要です。

安けりゃよかろうでボトックス注射をするこ、数カ月間はその状態をすごさなければなくなるので慎重に行いましょう。

手術なし!7日で多汗症を治す「7dayプログラム」

このページの先頭へ